今年の蛍

温かくなり始めて、ちょうど梅雨入り前のこの時期。
毎年5月中旬頃くらいから、家の近くで毎年蛍が見られる。

先日、肌寒い夜風であったが、家族で見にいった。

蛍

(動いている蛍を夜撮影するのは、難しい!)

いつまでこうして、一緒に見れるのかな。
いずれこの土地を離れ、自分の生活を営んでいくであろう子供たち。

この時期になったら、思い出す共通の「思い出」として刻まれいているといいな、とふと感傷的になった令和、初夏の夜。