人材育成 「素直さ」と「知」その2

今週も雨の週末です。
午前中専門学校に学生の成績表を提出した後、天神のビルの中に籠もって事務作業中です。

この1週間コロナウィルスへの対策は、さらに経済や学校、、、におよび
本当に自分自身の身近なところにも影響が出てきて、事の深刻さを改めて実感しています。

私自身の1週間もあっという間で、新しい素敵な出会いがたくさんあった日々でした。
本当に、周りの人のおかげ。ありがたい限りです。

嶋田病院を退職して、会社を起こして、色々変わったのですが、その中でも
人との関わり方がとても変わりました。

「頼る、甘える。大事にする。」笑
さらに、変わっていきたいと思っています。

さて、人材育成。人の成長その2「知」についてです。

私は「知」という言葉がとても好きです。
「知性、知識、知恵、、、」

私の価値観の中でも、大きな割合を占めているかもしれません。
(自分では、きっと子供の頃に母に聞かされていた言葉が影響していると分析しています。)

私は、人が成長する上で「知る」と言うことはとても重要だと思っています。
正確に言うと「知りたい」と思うこと、そしてそれを追求(実践、体験)して
「知っている」状態になること。
そのことは、自分自身を高めます。そして、困ったり迷ったりした時に答えや解決策を導くことができます。
その引き出しがたくさん自分の中にあると言うことは、本当に助けになります。

では「知りたい」と思うようになるためには、、、。

私自身は、「私は何にもできない、知らないんだ」と言うことを知ったからです。
それも、周りの人を尊敬できるようになったことが大きいと思います。

「素直に」「周りの人から学ぶ」

そうあり続けたいと思います。

まとまらない文章で、人材育成というより「人が成長するには」
と言うような内容になってしまいましたが、、、
今から仕事の書類まとめたいと思います。

夜は「知」がつく大事な友人と会ってきます😆