お金の話①(増やすか減らすか)

病院でもクリニックでも新型コロナウィルス(以下コロナ)の影響は受けていて、患者数の減少は顕著なようです。

何人かの事務長や経営幹部の人の話を聞く機会があり、経営への打撃は大きくどの方も頭を抱えていらっしゃいました。

 

今、病院で様々な工夫や対策を行っても、患者さんが来院されないとのこと。
特に健診や検査など「すぐに」という内容でないものはその傾向があるようです。

今までの広報戦略ではダメだな、私だったらどうするかな、と考えていたところ、ある業務改善ツールを扱われている企業の方とお会いしてお話を聞いて、ちょっと驚きの金額でしたので少しご紹介します。

業務改善ツールの中で、特にコスト削減についてのお話を聞かせてもらったのですが、未収金やコピー代、そして保守料金についてでした。

その中でも病床数にもよりますが、電子カルテなどの機器関連の保守料金でかなりの額(医師の年収くらい?!)が削減できるそうです!病院勤務時代知っていたらな、と思いました。
確かにこういった類の金額は、全部把握しない(出来ない)まま判断をしていたように思います。

利益を出すためには、大きくは収入を増やすか、支出を減らすか、、、です。

支出の面をこの機会に見直すのも手かもしれませんね。
(もう、されていたらすみません。)

もし、関心をもたれた方は、こちらより、お気軽にお問い合わせくださいませ。

何かのお役に立てたら幸いです。