小学生認知症サポーター養成講座

昨日、11月30日(月曜日)は、小郡の認知症キャラバンメイト(講師)として小学生への認知症サポーター養成講座をしてきました。

私が以前受けた講座で講師が「認知症になりたい、この街なら」と思える街を、環境を作らなければならないと言われていたのを思い出します。

真剣に話を聞いてくれる小学生に、こちらも熱く、真剣に話をしました。
(別のクラスでは、劇で小学生役も初挑戦( 笑))

「認知症のことも、オレンジリングのことも、知らない人はたくさんいると思います。知らせるために、先生のように講師ができるようになるためにはどんな資格が必要ですか。」
思いがけない素敵な質問に感動でした。

高齢者も、障がい者も、病気の人も、、、みんながいつも優しい気持ちで楽しく暮らせる街を作りたい、私も改めて決意を新たにした11月最後の日でした。