LHE medical Consulting

未来を見据えた強固な収益体質
だけではまだ足りない。


地域社会と患者樣、そして働くスタッフ
 からも愛され、必要とされる病院へ。

LHE medical Consulting

Concept

私達の考える医療機関のコンサルティングとは?

一口に病院コンサルティングと言っても、 理事⻑や 経営陣の皆様が持つ悩みは様々でしょう。

例えば「増収」という側面だけで言うのならば、極端な話でもなく、
「約3か月間で約8千万円〜1億円を増収するようにプランを立案します」という
ことも弊社にとっては 難しいことではありません。よくあるご依頼です。

ただ一般の企業ならばそれだけでも良いのかもしれませんが、
医療機関は単なる増収だけでは、永きに渡り地域 から愛され、
頼られる社会資源とはなり得ません。

そもそも病院とは地域の社会資源であり、一般の事業とは違います。

私達が目指す病院コンサルティングの定義とは、

強固な収益体質でありつつ、地域に必要不可欠とされる、 社会資源としてのブランドシンボル病院を作っていくことです。

Service

私達は病院トップの抱える、以下のような課題を速やかに解決します。

✅ 病院の理念やビジョンが職員に浸透していない、又は明確化出来ていない
✅ 自分の病院の方向性が明確になっていない
✅ 今後、生き残る道としての地域医療におけるポジショニングが出来ていない
✅ 病院経営の方向性や意思決定ためのデータが少ない、又は活用出来ていない
✅ 安定した病院経営のための具体的な行動計画が存在しない
✅ 事務⻑が医事経験者ではない、又は診療報酬に対する具体的な指示ができない
✅ 算定状況の可否の判断が出来る人材が院内に育っていない
✅ コーディングや診療記録の監査ができていない
✅ 収入や査定の管理や分析ができていない
✅ 医師事務作業補助者や医療クラークの教育などの必要性を感じている
✅ 適時調査、個別調査などの対策が不十分
✅ 病院機能評価の活用や受審の準備が万全でない
✅ 各種プロジェクトなど引率するリーダーとなる職員の育成が出来ていない
✅ 人事考課や部署の目標管理のシステムが存在していない
✅ スタッフのモチベーションは高いとは言えず、離職率も高い
✅ 優秀な医師、コメディカルを常に採用できる仕組みを持っていない

New business

新規開院支援

当社ではクリニックや広域医療法人などの開業支援を行っております。開業の手続きから物件のアドバイス、医師や看護師、事務職員の採用からマネジメントまでを一貫したフローでご提供いたします。

Improvement

経営改善計画

クリニックから病院まで、それぞれの規模で抱える問題を第三者の視点でアドバイスいたします。具体的な戦略立案から実行までを責任を持って行い、経営トップの目指す結果をコミットいたします。

Care

地域包括ケア

地域医療においての病院のポジションを明確にし、地域包括ケアのシステムを導入支援いたします。国の考え方や地域の特性などを分析し、社会資源としての確固たる位置付けを構築いたします。

Results

成功事例

増収可能性額 2,500万円/年

病床規模:100床未満
医療療機能:ケアミックス病院
エリア:九州

前任の医事課長は、施設基準については理解か乏しくレセプト請求のベテランのようなタイプであった。退職後も医事課はそのままの体勢を引き継ぎ、施設基準の新たな取得や見直しか進んでいないという状況で、院長は、医事課のレベルを把握するために、レセプト診断を依頼された。レセプト診断から、レセプト点検や医事知識の漏れや不足を指摘し、教育体勢やマネジメント体勢を提案。また総額2500万円/年程度の施設基準の新たな取得の可能性も提示し、施設基準をクリアしている部分については、すぐに届出をされた。参考までに、医事課は属人的になってしまうケースが多く、弊社コンサルティングでは「属人的から組織的」に変化させるマネジメントを徹底しており、引き続きの支援を実施している。

増収可能性額 1,000万円/年

病床規模:400床規模
医療療機能:精神病院
エリア:九州

ベテラン医事課職員が業務を完全に抱え込んでしまっており、医事課業務がブラックボックス化していた。新しく入ってくる医事課職員の教育体勢もなく、業務の分担や連携もままならない状況で、モチベーションが下がり職員が定着していなかった。ベテラン医事課職員は若手が仕事をしないと主張していたので全員の業務の棚卸しを実施することにした。医事課業務のシステム化を測るべく、プライオリティベースのワークシェアリングを実行。業務負荷の適正配分を検討していく中で、各業務のマニュアル化を実施。新規医事課員の定着と教育及び業務のシステム化による医事課全体のレベルアップのための改革等を実行。 

増収可能性額 5,000万円/年

病床規模:100床未満

医療療機能:一般病院

エリア:中部

医事課は業務委託で、レセプト点検が主な業務となっており、よって病院内で医事の知識を持っている人がいないという状況。院長が交替されて、「診療報酬点数が低いのでは、請求に漏れがあるのではないか」と相談された。現況調査時には、病院内の医師や看護師、医事課職員の抵抗は当然のことであり、まずは組織マネジメントからスタート。職員との調和を目指し、向上維持できる体勢から支援を行い、結果、施設基準の新たな取得を中心に年5000万円程度の増収可能性を提案することができた。

About Us

会社概要

会社名

株式会社LHEメディカルコンサルティング

本社所在地

〒861-8083 熊本県熊本市北区楡木4−12−7

代表者

代表取締役 野々下みどり

設立

2018年

株式会社LHEメディカルコンサルティング
熊本県熊本市北区楡木4−12−7
TEL:050-3573-8114 / FAX:096-295-2828

Contact